自然素材の家なら安心して暮らせる|化学物質が不使用

新建材とは違う素材

積み木

最近増えつつある家造り

家を造るときに使用される素材にも色々なものがありますが、よく使われるのが新建材と呼ばれる素材。安価で加工しやすいので新建材で家を建てる人もいますが、VOCという有害物質を排出するため化学物質過敏症等の症状を引き起こしてしまう人が出てきています。そのため、健康に関心が高まりつつある最近では自然素材の家を選ぶ人も多いようです。自然素材の家は文字通り自然界にあるものを素材として建てられています。そのため、新建材のような化学物質を含む素材を極力使用しないで造るので、様々な健康被害から見を守ることができます。それだけでなく、無垢材をはじめとした様々な自然素材は断熱性や調湿性に優れ、快適な住み心地も提供するように造られています。また、自然素材をどれほど取り入れるかは、自分の好みに合わせて決められることも特徴といえそうです。次に、家を建てる時にかかる費用や相場についてですが、自然素材の家は一般の家に比べるとやや高くなります。金額でいくと一般の家が坪単位約50万前後とすると、自然素材の家を建てると坪単価は約55〜65万ほど。これは、自然素材を取り入れる度合いから購入する土地によって金額に幅が出てくるようです。そして購入する前に抑えておきたいことといえば住宅ローンについてです。注文する業者には、工務店、設計事務所、ハウスメーカーといった業者があるのですが、住宅ローンをスムーズに行えるところと行えないところがあるのです。スムーズに行いやすいのはハウスメーカーで、金融機関と多くの取引をこなす業者なので住宅ローンも比較的組みやすいところといえます。逆に組みにくいのは設計事務所で、金融機関に融資が必要であることを自分で説明する必要があるでしょう。このように、住宅ローンは注文する業者によって組みやすさが違うので、先に確認しておくことが大切です。