自然素材の家なら安心して暮らせる|化学物質が不使用

家造りの形の一つ

婦人

いくつかの素材の特徴

個人が家を注文する時、建てる家の形は多岐にわたり工法も素材も実に様々です。その中から自分が建てたい家を選ぶことになりますが、自然素材の家はこだわった造り方になります。自然素材と一言でいっても多くの素材があり、建主はその度合いによって自然素材を取り入れ家を建てていくことになるでしょう。そんな自然素材の家として取扱う素材は多くの種類がありますが、いくつかの素材が持つ特徴について知っておきましょう。まず、自然素材の家造りでは壁紙としてエコクロスという素材を使用しています。エコクロスとは燃やしても有害物質を発生させない環境に優しい素材を使った壁紙のことをいいます。そして、使用する素材にも和紙や木のチップなど自然素材のものがあり、調湿作用や撥水性に優れた効果を発揮します。次に、自然素材の家で床材として使われるのがコルクタイルという素材です。コルクタイルは内部に気泡を含んだ構造になっており、断熱性、耐水性に優れた性能を持ってます。他にも、肌ざわりの良い素材になっており、家造りでは子供の部屋や水周りの床材として用いられることも多いです。そして、環境に優しい断熱材として優れた性能を持っている素材が、セルロースファイバーと呼ばれるもの。セルロースファイバーは様々な太さの繊維が絡むことで空気を含んだ木質繊維のことで、断熱性はもちろん調湿性、防音性にも優れた素材です。また、新聞を細かく粉砕して作られることからリサイクルとして使うこともでき、VOCの放散試験においてもFフォースター以上の素材として安全性が認められています。