自然素材の家なら安心して暮らせる|化学物質が不使用

体に優しい家

住居

安全で肌触りのいい素材

昔ながらの日本家屋は、素材を適材適所に生かした自然素材の家でした。どの素材をどこに使うかは自然素材の家づくりの重要なポイントです。一年中過ごしやすい自然素材の家をつくるために、成分と特徴、使用法をチェックして安全な自然素材の家をつくりましょう。安全で肌触りのよいムク材は、年月とともに深まる味わいが魅力です。合板と比べると価格差はありますが、化学物質を含まない安全性の高い素材です。但し、輸入材には防腐剤が塗られているものもあります。ムクは反り返る木質を持つので、床に隙間ができてしまうこともあります。購入の際には含水率の低いムク材を選びましょう。木は種類によって性質が違います。その特性を生かして水回り、土台、フローリングと使い分けることがポイントです。自然素材として木とともに再度注目を浴びているのが土壁です。水を混ぜると粘質を持ち、乾けば固くなるという粘土の性質を利用しています。その風合いや見た目の柔らかさ、温かさは、何にも代えがたい魅力が土壁の特長です。土は本来、色も様々なので、組み合わせによってはデザインも強さも無限の可能性を持つ素材です。土壁に使われる基本材料は、土・砂・糊・スサ・石灰などで、小砂利やセメントなどを加えることもあります。湿度の高い日本では、壁に使う土は、雨に流されないこと、剥離しないことが基本的な条件です。しかしこの条件さえ満たせば、土地は非常に自由な素材で、どう配合するかは左官職人の経験や技術次第です。